トップ

紙質と印刷物の関係

どんな紙を使うかで印象が変わる

紙質が印刷物に与える影響

いかに凝ったデザインのパンフレットも、用紙に印刷されないことにはターゲットに配布できません。印刷に使用する用紙はもうお決まりでしょうか?パンフレットの印刷用紙にお困りの方はこちら。

用紙の紙質が印刷物のイメージに与える影響は絶大です。紙の選定がパンフレットの効果を左右するといっても過言ではありません。企画したパンフレットを失敗作にしないためにも、印刷用紙の選び方の基本をしっかり押さえておきましょう。

用紙選びのキーポイントとなるのが、紙の種類と厚みの選定です。この2つの要素で、パンフレットの印象と印刷コストが決まると考えてよいでしょう。

上記の2要素のうち、紙の厚みは意外に重要です。基本的には、厚みがある用紙のほうが高級感が出ると考えてください。どんなにデザインが優れている印刷物も、厚みがなければ安っぽくなってしまいます。用紙の厚みの指定に関する専門用語も、ぜひ覚えておきたいところです。印刷業界では、「坪量」と「連量」という用語を使って紙の厚みを表します。この用語と実際の紙の厚さのイメージが一致しないことには、狙い通りに印刷物を発注できません。

まず、「坪量」について見てみましょう。坪量とは、用紙のサイズを1平方メートルとした場合の重さを表す用語です。単位は「g/m2」。数字が大きくなるほどに、紙の厚みが増すと考えてよいでしょう。一方の「連量」は、Kgで表されます。「連」とは、印刷業界で洋紙原紙1,000枚を表す用語です。つまり連量とは、原紙を1,000枚積み上げた際の重量なのです。

洋紙原紙のサイズはいくつかありますが、連量の計算に用いられるのは「四六版」だと覚えておいてよいでしょう。四六版の大きさは、788mm×1091mmです。連量も坪量と同じで、数字が大きくなるほど紙の厚みが増します。ただし、連量が同じならどの紙の厚みも同じ、というわけではありません。たとえばコート紙とマットコート紙では、連量が同じでも厚みが違います。

実際に印刷用紙を選ぶ際は、サンプル用紙を業者に送ってもらって厚みと手触りをチェックしたほうがよいでしょう。坪量や連量ごとの厚みの違いを覚えれば、やがてはサンプル用紙なしでも印刷物の仕上がりをイメージできるようになるはずです。以上の基礎知識を踏まえて、ぜひ理想のパンフレットを仕上げてください。